log

【2016.10.26】 5つの光が導く未来

ファイル 103-1.jpg

スマイルプリキュアのお話を読みました。
感想はとても素敵な話でした。

スマイルプリキュア達が24歳になった時の話で
大人になった彼女達に待ち構えていたのはとても現実的な状況。
子供の頃に感じたキラキラした世界はくすみ始め
プリキュアだった事も遠い過去になり、忙しい現実に翻弄され
そして辛い局面に直面し苦悩する彼女達。
それでも持ち前の前向きな姿勢で頑張るも
変わらない現実に絶望
それでも諦めない彼女達は更にその辛い局面に立ち向かい
最後は・・・


最後はスマイルプリキュアを応援している身としては
とても納得出来るので良かったです。
スマイルプリキュア達は他のプリキュア達に比べて、勉強が苦手だったり、運動が苦手だったりする娘が多いのですが
その苦手な事に苦悩しつつも一生懸命に取り組んでいく
強い心を持っていて、その困難に立ち向かっていく姿に
心を大きくそして何度も鼓舞されました。


キュアビューティーの様に道を見出だし
キュアマーチの様に真っ直ぐに
キュアピースの様に勇気を振り絞り
キュアサニーの様に明るく
キュアハッピーの様に笑顔を持ち
未来へ歩みたい

そう再度確認させてくれた素敵な話でした。

10:53 | 日記 [Comment:5950] [TB:0]

【2016.10.25】 好きな事を全力で

ファイル 102-1.jpg

先週の日曜日につくばサーキットに
旧車レースを見てきました。

昔から友人の方から誘われていたこのレース
なんだかんだ理由があり、なかなか見る機会に恵まれてませんでしたが
今回ようやく見る事が出来ました。

元々は2輪用に作られたつくばサーキット
4輪車では少し手狭感があると言われていますが
旧車ですと大きさが現行車より小さいので程よく収まっている感じでした

何はともあれ青空の下に集ったたくさんの車達
皆30年から40年、中には50年近く経つ車も
そんな車が全力で走るレース
不思議な感覚です。

1つ目は今も動ける状態にしている事に驚き
2つ目はなぜ今も乗っているのか
今の車だともっと走りの性能も、実用性も、維持費も安い車は多い
それでもあえてこの車達を選ぶ

理由は簡単『好きだから』
いたってシンプルで判りやすい理由

レースと言っても皆笑顔で楽しそう
同じ旧車を愛す仲間どうし、集まってレースし、話し合ったり、ご飯食べたり
・・・ああ、なんだ、自分達の同人と同じじゃないか
流行があるけど、基本は好きなのを描く、仲間と語らい、飲み食いする
好きな仲間との交流はどこも同じなのだと再確認できた貴重なイベントでした。

00:54 | 所感 [Comment:79355] [TB:0]

【2016.10.19】 早いぜ一ヶ月

ファイル 101-1.jpgファイル 101-2.jpg

前回の投降からもう一ヶ月
なんだかんだ言ってたらあっという間に過ぎてしまいました

最初は1週間時点で「何か書こうかな」と思って
そのまま仕事と原稿してたいら2週間経ち
更に急ぎがしく仕事と原稿していたら1週間たって
あっという間の1ヵ月

再開してこの様とは・・・
といって後悔しても仕方ないので
日記を書こうと思います

一先ず先週の日曜日に
自衛隊の中央観閲式の予行式に行ってきました
10式戦車の隊列が見れてほんと嬉しかったです

01:17 | 所感 [Comment:1360] [TB:0]

【2016.09.14】 本の価格はひとそれぞれ?

ファイル 100-1.jpg

2日前の日記に書いたテーマその2
『本の価格はひとそれぞれ』について

少し前のツイッターで色々な人が意見を言っていた
同人誌の価格はどのくらいが適正か
その時は特に小説の同人誌の価格についてみな意見を言われていて
50~60pで500円ぐらいという意見が多かった気がする

小説の場合はページ数が漫画よりかさむので
どうしてもペーズ数増→価格upのコンボになる上
漫画と違い会場ですぐに内容を全て読めない(読むのに時間が漫画よりかかる)
ゆえに本を手にとって中身を軽く見て買う事ができないから
皆敬遠しがちになり売れない→小部数になりやはり価格upのジレンマに
なるのではないかなと思う

物書きさんの中には「最初の数ページで引き付けられるような小説を書けるようになればよい」と言う人も居たけど、やはり全員が全員できるわけでもないし、作風やストーリーによっては徐々に引き込ませる本もあるだとうし

なので小説の同人誌については経験と漫画ほど読まないので
効果的な打開策がすぐに浮かびませんが
同人誌は欲しい人はそれなりに価格を出す人が多いので
自信を持って「これくらいかな」と最初に思った価格を素直につければ良いとおもいます
謙虚をしすぎて価格を下げすぎても、毎回出費がかさんで次に繋がらなくなったりするし。
一般的には24p前後なら500~600円が多いような気がしますが
本当に欲しいと数ページのコピー本で1000円でも買う人は居ます
逆に見た目がそれなりに綺麗でも、綺麗だけで特に魅力ないと全く売れなかったりするとも聞き、この辺は本当に難しいし答えは無いかと思います。
なのでページ数が大体同じ他のサークルさんの本を見て参考にするのもよし、我が道で行って自分の好きな価格をつけるのもよし
それら含めて自由にできるのが同人

なんだか答えが出ない乱雑な分になってしまいましたが
一先ずそんな感じです

ちなみに画像は
ドイツ陸軍の戦車兵の制服のまほ姉さんと
ドイツ武装親衛隊の戦車兵の制服のエリカ
似てるけど少し違う、まあほんと人それぞれな制服です

01:13 | 所感 [Comment:812] [TB:0]

【2016.09.13】 好きなサークルは自分のサークルと似ている?

ファイル 99-1.jpg

昨日寝る前に書こうとした一つ目のテーマ
『好きなサークルは自分のサークルと似ている?』

日曜日にガルパン、スト魔女、艦これのイベントに行って来ました。
知り合いのサークルさんやレイヤーさんに挨拶目的もあれば、サークルをぶらり見ては面白い本がないか散策するのがメインの目的でした。

と言いつつ会場に到着したのはもう午後で
大手のサークルさんは完売してたり撤収しているのもチラほら
しかし個人的にはこの時間でも面白い本は残っていると思い散策開始

事前にサークルチェックはしていなく、ほんと会場を練り歩きながら
素敵な作品群を見ては買って行く。
個人的に同人を買う時は画力よりも愛の方向性が好きかどうかで選んでます。
コピー本からフルカラーのオフセット本まで愛があるかどうか
その方向性が好きかどうか、愛のある作品は読んでいてとてもほっこりするので個人的にこれが基準の1つとなっています。

そしてそんな中ネットやツイッターで見かけて、作品に愛を感じた好きな作家さんのサークルを発見。個人的にとても上手い方で十分に中堅以上、もしくは大手さんともいえそうな実力ある方々。そんな好きな作家さん達のサークルが全て最後まで残っていた事に嬉しさを感じました。

中には完売してもう頒布物が無いサークルさんも見本だして「良ければ見ていってください」と見本誌置いたり。ファンの方と会話したりスケブ描いたりしてる方も。
気になったので残る理由を聞くと案の定予想してた「まだファンの人がくるかもしれないので」という理由。自分もまだまだ弱小ながらも最後まで残る信念なので、好きなサークルさんが同じ感じだと嬉しいと思いました。

別に撤収したりするのもサークルさんの自由で、自分はこういったサークルさんでも全然否定はしないですし、作品もサークル運営も自由なのが同人なので気にはしないですが、こういった感じに残って最後まで参加者さんを大切にするサークルさんはより好きです。
そしてそれが愛のある作品を創っているとよりそう感じます。

そして画像は自分が初めて描いた個人同人誌
この作品でコミケに初参加しました
・・・この時より愛が衰えてないか、そんな不安がよぎりつつ
次の作品を頑張ろうと思います

00:05 | 所感 [Comment:16498] [TB:0]

【2016.09.12】 眠る前のひとときメモ

携帯から書き込み出来るので
眠る前の布団の中からも書き込めるのが便利に感じる
とは言え携帯で長文は辛いので
書きたい日記のネタを忘れないようにメモだけ書こうと思います
ツイッターでもメモ代わりに書き残す事はありますが
ここのサイトの再開はツイッターでは呟いてないので
このサイトで残しておこうと思います

・好きなサークルは自分のサークルと似ている?
・本の価格は人それぞれ
・お座敷銃は楽しい

一先ずこの辺りかな
明日と言うか今日の夜にでも1つ書きたいな
全部は一日で無理でも、数日に分けて全部書く

02:02 | 日記 [Comment:2119] [TB:0]

【2016.09.10】 携帯から書き込み

ファイル 97-1.jpg

携帯から書き込み出来るかテストしてみました。
普通に出来るようでこれで移動時にも更新出来るのが判ったので機会があればやっていこうと思います。

あと試しに携帯に保存してある画像も貼れるかもテストしてみました。こちらも出来るので今後機会見つけてやっていこうと思います。

10:49 | 日記 [Comment:3333] [TB:0]

【2016.09.09】 あっと言う間に3日経っていた。それでも二~コニコ動画♪

前に日記から既にもう3日も経ってしまった
時間が経つのは早いですね
というか仕事もほんと忙しいです。忙しいから家に帰ると
ネットやDVDで好きな動画とか見て時間を潰してしまう
ほんととても充実した時間です。

前回はMMDでも初期の頃の作品をお勧めしましたが
今回は逆に一番新しいMMD杯の第17回目で気になった作品をご紹介
まだ全部は見れていないので今時点の気になる作品ですが

『 【第17回MMD杯本選】ARMORED CORE DARK RAVENS 』
http://www.nicovideo.jp/watch/sm29427455
ゲームのアーマードコアのオリジナル話です。正直ほんとMMDの技術が
進んだなと思いました。この画質はもうPS1超えてPS2も少し超えてるレベルではないかと思います。そんな画質のものを今ではアマチュアの人が
自由に作れるなんてほんと面白いと思います
あとこの作品のシュートながら上手く世界観を表し、迫力ある戦闘で素敵だと思います

『 【第17回MMD杯本選】パラッパラッパー東方 』
http://www.nicovideo.jp/watch/sm29423975
初めて見た時に「お!懐かしい」と感じた東方のパラッパラッパーパロディ
このゲームは持っていませんでしたが、内容は概ね知っていたので
見ていてとても楽しかったです。そして何よりかわいくて素敵です
東方はこういうわいわい楽しむ系にも持って来いですよね


『 【第17回MMD杯本選】ミクさんたちでマーキュリー計画再現してみた 』
http://www.nicovideo.jp/watch/sm29434971
今回はあとこちらの作品も。やはりMMDにミクさんは外せません
色々な仲間達と再現するマーキュリー計画
動画作るだけでなく、解説も専門的で見ていて勉強にもなります
ほんと色々な方向性があふれ出るMMD
やはりニコニコ動画というか創作は面白いです

01:18 | お勧め [Comment:6] [TB:0]

【2016.09.06】 二~コニコ動画♪

日々思った事や絵を上げるだけでなく
何かお勧めの作品や物そして事なども書いていこうと思い
最初はニコニコ動画の好きな作品を

ニコニコ動画個人的に大好きです
動画音楽のパロディのお祭り
色々な作品の色々なコラボが日々生まれる素敵な場所
グレーな部分もありますが個人的にMMDを初めとした
素敵な作品が本当に素晴らしいと思っています
既にご存知の方も多いと思いますが紹介させて頂こうと思います

まず最初のはこちらの作品
自分の葱騎士物語の発起点になった素敵な作品
はちゅね大好き、ミリタリー好きな自分にとっては忘れられない作品です


『初音ミクのぱんつぁーりーと』
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1994248
まだMMDの初期作品でポリゴンもシンプルですが
はちゅねとの相性は良く、可愛くできあがっていると思います
そしてドイツの軍歌をミクが歌うのもまた素敵です


『鏡音リンのスターリングラード冬景色』
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2290650
今度は日本の歌がスタリーングラードの戦いを上手く表現しました
後ろのコミカルな戦いが素敵です。ほんとMMDの楽しさです


『【第3回MMD杯本選】10 years』
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7936667
地上の戦いばかりだったので空の戦いも
自分はシルフィードというシューティングゲームは知りません
でもこの作品を見て欲しくなりました。MMD杯の第3回でこちらも初期の作品ですが、ほのぼのとした話からの熱い戦いは展開していく流れ
そして戦闘シーンもシンプルな造形でスピード感が音楽と相まって素敵です。

00:01 | お勧め [Comment:0] [TB:0]

【2016.09.03】 狙撃はするもしないも大変

ファイル 94-1.jpg

拳銃2挺持って立て篭もったこの間のあの事件
警察の前に犯人が姿を表した時にニュースのコメンテーターが
「なんで狙撃しないんでしょうね」と言ったようです。

まあ、人質取ってる訳でもない、無差別に発砲して周りに危害を
与えている訳でもない、差し迫った危険が無いのなら
まずは説得し投降を呼び掛けるなり、長期戦に持ち込んで捕縛するなりで
自分は良いと思うけかな

逆に昔の事件で犯人を狙撃したら当時の某党と左寄りなテレビや新聞が
こぞって批判した経緯もあるようでなんとも・・・
(まあ、あの手の人達は単に非難したいだけなのかもですが)

それとは別にイラストは前に描いたドラグノフ狙撃銃とガルパンのカチューシャ
全長と身長が似ているから単に描いたらくがき。

しかしこのドラグノフ狙撃銃、全体がほっそりとしているせいか
長距離狙撃をする銃と勘違いされているのが多いかなと。緋弾のア〇アの影響なのかもですが。
実際は中距離での射撃を想定した銃で、長距離はあまり考慮されていない感じの銃なんで面白いです。
遠距離から一撃必殺の弾を撃つスナイパーライフルといより
中距離で速射し、アサルトライフル部隊を援護するマークスマンライフル的な存在です。

02:05 | 所感 [Comment:520] [TB:0]

calendar

7
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31