log

【2016.09.14】 本の価格はひとそれぞれ?

ファイル 100-1.jpg

2日前の日記に書いたテーマその2
『本の価格はひとそれぞれ』について

少し前のツイッターで色々な人が意見を言っていた
同人誌の価格はどのくらいが適正か
その時は特に小説の同人誌の価格についてみな意見を言われていて
50~60pで500円ぐらいという意見が多かった気がする

小説の場合はページ数が漫画よりかさむので
どうしてもペーズ数増→価格upのコンボになる上
漫画と違い会場ですぐに内容を全て読めない(読むのに時間が漫画よりかかる)
ゆえに本を手にとって中身を軽く見て買う事ができないから
皆敬遠しがちになり売れない→小部数になりやはり価格upのジレンマに
なるのではないかなと思う

物書きさんの中には「最初の数ページで引き付けられるような小説を書けるようになればよい」と言う人も居たけど、やはり全員が全員できるわけでもないし、作風やストーリーによっては徐々に引き込ませる本もあるだとうし

なので小説の同人誌については経験と漫画ほど読まないので
効果的な打開策がすぐに浮かびませんが
同人誌は欲しい人はそれなりに価格を出す人が多いので
自信を持って「これくらいかな」と最初に思った価格を素直につければ良いとおもいます
謙虚をしすぎて価格を下げすぎても、毎回出費がかさんで次に繋がらなくなったりするし。
一般的には24p前後なら500~600円が多いような気がしますが
本当に欲しいと数ページのコピー本で1000円でも買う人は居ます
逆に見た目がそれなりに綺麗でも、綺麗だけで特に魅力ないと全く売れなかったりするとも聞き、この辺は本当に難しいし答えは無いかと思います。
なのでページ数が大体同じ他のサークルさんの本を見て参考にするのもよし、我が道で行って自分の好きな価格をつけるのもよし
それら含めて自由にできるのが同人

なんだか答えが出ない乱雑な分になってしまいましたが
一先ずそんな感じです

ちなみに画像は
ドイツ陸軍の戦車兵の制服のまほ姉さんと
ドイツ武装親衛隊の戦車兵の制服のエリカ
似てるけど少し違う、まあほんと人それぞれな制服です

01:13 | 所感

trackback

この記事のトラックバックURL

trackback